宝の体の事。(長いです(^^;))

宝の治療方針を変える事にしました。
梅雨と暑さは、皮膚の状態の悪い子には、やっぱりツライ。

2週間前から少しずつ変えていたのですが、
今日、病院に行って先生と色々と相談して決めました。

海外では使っているそうですが、日本ではまだあまりメジャーではない薬です。
日本では、今はほとんど使ってる子がいないそうです。

この薬、副作用がほとんどないそうで
(最初の1~2週間位は吐く子が少しいるそうです)
アトピーだとしたら、効く子にはかなり効果があるそうです。

でも、全員に効果があるとは言えないから「期待しすぎないで下さいね」と言われました。
「もし効かなかったら、yoneさんがとてもガッカリすると思うので。。。」って(^^;)

この薬、副作用はほとんどないし、効果も高いすごく良いお薬だそうなんですが、
大きな問題が1つ。

それは・・・かな~り高価な事。。。




宝は、実は2月から精神安定剤クロミカルムも飲んでます。

よく、分離不安の子に飲ませる薬だそうです。
不安定になりやすい子って、脳内の「ある物質(セロトニン)」が元々足りない。。だか、
うまく作用しない。。なんだそうです。

だから、その物質を薬で少しずつ補ってあげるんだそうです。
この薬も、ほとんど副作用がないそうです(下痢や嘔吐がある子もいるそうですが宝は無し)
効果は高いし、たとえ一生飲ませたとしても大丈夫な位、非常に安全な薬だそうです。

2ヶ月以上飲ませて、効果を見ながら少しずつ減らしていくそうなのですが、
今月からクロミカルム・・増量になってしまいました。

クロミカルムも・・・↑の薬ほどではないですが、増量になってしまったのもあるので
かなりお金がかかります。クロミカルムも他の薬と比べると高価なんですよ。。。
(クロミカルムは、そろそろ減らせるかと勝手に思っていたのだが・・ざぁんねん!(^^;))

ところで、なんで増量かというと・・・やっぱり季節的に痒みが出やすい時期なので、
少し増やしてあげる事で精神的にリラックスさせてあげるそうです。

あ・・そうそう。。
ナゼ、皮膚が悪いのに精神安定剤なのか・・・?というと、、、

宝は、気が強くワガママな所もあるのですが、
自分に自信が無く、臆病でビビリ屋。非常に神経質で不安症の所があります。

例えば・・病院で注射を打つ時にヤクザのように暴れまくったあげくに、
ビビリションをしたり。。。

足や尻尾にリードが少し引っ掛っただけでも、ビックリしてパニックになり大暴れです。

宝が入ってるケージを外側から指1本で軽く触っただけでも、
キバをむいて、酷く吠え立てながら猛烈に怒ってみたり。。。
(怒ると、何かに乗り移られちゃったみたいに変わっちゃうんですよ)

そして・・それまでかゆそうにしていなくても、yoneの姿がほんの少し見えなくなった・・とか、
知らない場所に連れて来られた・・などが原因で、急に毛をどんどんむしってしまったり、
自分の体をガジガジと流血するまで噛み始めたり。。。こうなると1時間以上続きます。

こんな感じで、とても神経質でストレスに弱い子なんです。
そして、自分の体を痛め付ける事で、必死に落ち着こうとしているような所があったんですよね。
まぁ、ようは自虐行為ですね。こういうのは、人間だけでなく、動物にもあるそうです。

あと、性格的にボーっとしてる子だと、少しのかゆみ位なら感じないのかもしれないけど、
神経質な子だと、少しのかゆみでも異常に反応してしまう可能性も大いにあるそうです。

なので、クロミカルムを使う事にしました。
そして、薬プラス、散歩の量を増やしたり食事に時間をかけて、ストレス発散をさせてます。

ちなみに、もう4~5ヶ月飲んでるので、以前と比べるとだいぶ穏やかになったと思いますよ。
皆さんご存知の通り、良い笑顔で笑うようになったし。

だけど、不安を感じると、皮膚を執拗に噛むのは今はまだまだあります。

クロミカルムは、元々2月に行動クリニックの先生から処方されていたので、
行動クリニックの先生に「こんなにずっと薬を飲ませて平気なんですか?」と聞いたのですが、

「クロミカルムを飲ませてみて、効果が上がっているのだから、
 宝ちゃんの脳がクロミカルムを欲しているんですよ。だから、今やめたら逆に可哀想です」

と言われました。
・・・「宝の脳が欲してる」と言われて、なんだか妙に納得してしまったyone(笑)

確かに、クロミカルムを飲むようになってから宝はだいぶ変わりました。
今も神経質なのに変わりは無いですが、以前と比べたら全然です。

「楽しい事」を素直に楽しめる心を持てるようになってきたと思いますし
(前は、けっこう根暗BOYでした)

少し位の物音には反応しなくなってきたので、
宝自身、生きていくのが少しラクになったと思います。



あ、それと、宝は肉類を食べると食べた直後に顔が腫れ上がり、
ヒーヒーキャンキャン泣き叫び、床を転げ回りながら酷くかゆがります。
大豆や、大豆製品は吐いてしまいます。

食事でここまで酷い症状が顕著に出る子は全体的には少ないそうです。
肉に反応するこの光景は、かなり壮絶です。。とても可哀想です。。。

(アレルギー検査でマイナスだった肉類や大豆、大豆製品も、実際食べさせると
  何故か↑の症状が出てしまいます。蛋白質を分解するのが苦手みたいです。
     最初の数ヶ月は、これに気が付いてあげられなくて可哀想な事をしました)

ここ数ヶ月、肉類、大豆、大豆製品はほとんど食べさせてなかったのですが、
(代わりに魚(淡白な魚しかダメです)をあげて、病院からはアミノ酸が処方されてました)
今月から肉類、大豆、大豆製品完全除去になりました。あ、それと小麦粉も。

・・えっと、実は安定剤のクロミカルムも肉エキスが入っていたので、
別の薬(クロミカルムの人間版(内容一緒で肉エキスが入ってないだけ))になりました。

こんな感じで、まとめると・・宝の皮膚疾患は
アトピー、アレルギー、ノミアレルギー(の疑いあり。このヘンまだ微妙)、食事のアレルギー、
酵母菌、そして・・・精神的な物。。。が重なって症状が出ているそうです。
複雑っすね。。あたしには覚え切れません(笑)

宝は、いま、皮膚にとても詳しい先生に診てもらっているので、
先生を信じて治療してもらおうと思います。
しかも、この先生、優しくてとても良い先生だー(^^)ホッ。

(宝が1番初めに通っていた獣医さんのおかげで、
              すっかり獣医恐怖症気味なんですよ、あたし)


でも、先生も「この子はチョット難しいですねー」と、おっしゃってました。

なんか・・・それを聞いて正直、ガッカリした気持ちもあるのですが、
だけど、皮膚に詳しい先生が宝の状態を診て「難しい」って言ってるんだから、
今まで色々やってきていたけれど、そう簡単には治らないハズだわ(笑)

とも思って、気がラクになりました。

「治療には、1~2年はかかると思いますよ」
って言われたけど、1~2年が何さっ!(^^)って感じです。

今までの大変さに比べたら、今はだいぶラクになったし、宝がうちの子になってくれただけでも
幸せいっぱいなんだから、どうって事ないよ♪って思いました。


今日は、お薬増やしたので、全部で5種類にもなっちゃいましたよ!(@@)

なんか、体力はいっぱいあって、一見全然具合悪そうじゃないのですが、
薬多くて、なんだかとっても病人(病犬)みたい(^^;)
カレンダーに書かないと、いつ何を飲ませれば良いのか分からなくなっちゃいます。

シャンプーも新しい物に変更になりました。


あ・・先生には、「こんなにいっぱい薬飲ませて、副作用とか大丈夫ですか!?」って、
シツコク聞いてきました。

(これまた宝が最初に通っていた獣医さんのおかげで、薬の副作用恐怖症なんですよ。。
         もう薬の副作用であんなに酷く苦しむ可哀想な宝は絶対に見たくないので)

そしたら、「大丈夫」ってかなり自信を持っておっしゃって下さいました。

あ~、良かった(^^)
宝には、長生きしてもらわないとね。
宝がいなくなったら、あたし困るっ!

宝を里子に迎える時に、「かゆいのは絶対に治してあげるからね」と宝と約束したので、
絶対に諦めずに治したいと思います。

ま・・でも、財布はかな~~~~~り痛いんだけど(^^;)

だけどね「つらい事は長くは続かない」って、私は呪文のようにしょっちゅう唱えてますよ。

ポジティブ!・・・というよりかは、

開き直り!・・・ですな(^^;)


他の事を全部諦めても(あ、この日記を読んでる方はそうは思わないかもしれませんが、
私は身内、友達の間では【根性なし】で有名です。嫌な事はすぐにやめちゃうの(笑))

宝の事に関しては絶対に諦められません。



以前に比べれば腫れも引いて毛も少し生えて良くなったけど、
顔回りは本当にかゆいみたいです。今日の検査でも、かゆ~い菌がいっぱい検出されました。

正面顔とは違う雰囲気ですが、これが宝の横顔です。
e0003024_2292497.jpg
[PR]
by yone-takara | 2005-07-06 23:25


<< 雨多い~ 静かにね >>