分かりやすい子(^^;)

だいぶ前から気が付いていましたが、
宝は、不安を感じたり、イライラしたりするとすぐにガジガジと自分の体を噛んでしまいます。

精神安定剤を飲んでいるので以前ほどではないですが、
それでもやっぱりけっこうやります。

トイレトレーニングを始めたら、最初の数日はそれが気に入らなくて、
最近は痒くなくて噛まないような体の部分をガジガジ。。。

宝の食事の支度をしている時に、私が手間取って作る時間が長くなるとガジガジ。。。

動物病院に着いた途端にガジガジ。。。

・・っと、少し例にあげると、こんな感じです。


今日、病院の日だったので以前にも話したけど、獣医さんに再度この話をしました。
・・っていうか、宝を見てれば誰でも大抵すぐに気が付く事なんで
もちろん、獣医さんも同じ意見だったんですが。

診察・・と言っても、今日の診察室は診察台がある部屋ではなかったので、
宝は床の上にいて、私からチョコチョコオヤツをもらったりしてご機嫌でした。
それに、今日は獣医さんからも特別に美味しいおやつをもらって → ∪´▽`∪ ニコニコ♪でした。

そしてそのうち、今日は道路がメチャ混みして病院まで2時間位かかっていたので
宝も疲れていたらしく、体も痒がる事なくフセして診察室の床で寝てしまいました。

診察(というか、普段の生活の話とか宝の状態の話とか薬の事とか)は、1時間半位かかり、
その間のほとんどの時間をおとなしく過ごしていたのですが、

診察の最後に「採血」をする事になって、
私が宝を抱っこして、もう1人のスタッフが後ろ足を持ち、そして獣医さんが血を採りました。

かなり大暴れして採血が終了したのですが、
宝を床に下ろしたら、途端にカイカイカイカイ・・・・・が始まり、毛が抜けてしまいました。

しかも、背中の毛。後ろ足で必死に掻いてました。
・・たぶん、背中なんて普段全然痒がらないから、必死に掻いてるけど痒い訳じゃないんです。


私と獣医さんは、顔を見合わせて「非常に分かりやすい子ですね(^^;)」と笑いあいました。
笑い事じゃないのかもしれないけどー。


採血したら、宝がこうなるのは採血の前に100%分かっていたのですが、
宝には必要だと思われる検査だったのでやってもらいました。


ま~でも、以前はこういう状態になったら、
1時間以上続けてずっと引っ掻いたり、噛み続けていたのですが、
今は、そこまで長くはやりません。

こういう性格?癖?を完全に治すのは難しいかもしれないけれど、
以前と比べたらだいぶ良くなってるので、今の段階ではヨシ!としましょう(^^;)

獣医さんには不安やストレスに非常に弱い事や、性格も臆病だったりするのは、
「保護される以前の生活が相当過酷だったんでしょうねー」と言われました。


・・・んっとに、宝の以前の飼い主、、、yoneが呪いをかけてやるー Ψ(`~´)Ψ

でも、宝を捨てて私と出会わせてくれたから5%位だけ許してやるけどっ。



里親さんちの「うららちゃん」です。お兄ちゃんの腕の中・・・落ち着いてますね。
5月下旬に頂いた写真ですー(^^;)・・だいぶ経ってます・・
e0003024_1935131.jpg
[PR]
by yone-takara | 2005-07-20 18:47


<< いちかばちか・・・ いいぞ!その調子(^^)♪ >>